2ちゃんねるのまとめさいと
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| --:-- |

2ちゃんねる

| スポンサー広告 | | Top▲
2009年10月12日 (月) | Edit |
  • 編集元:生活全般板「141 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2007/12/20(木) 15:11:13 ID:T8+mV2c/」より

    122 2/1 :2007/12/20(木) 14:46:39 ID:w8pbhDjN

    聞いて頂きたい・・・・・長文ですみません。

    この前の日曜朝10時頃、私の家に
    父(62歳 定年退職済)が会社にいた頃の部が、アポ無しで突然訪ねて来た。
    しかも妻子連れで。
    どうやら、独立して会社を設立したいらしく相談に来たそうだ。
    日曜に。アポ無しで。妻子(子供は♀5歳)連れて。

    突然だったけど、「まあとりあえず上がりなさい」と父が家に招き入れた。
    家では室内でラブラドール、コザクラインコ、金魚を飼っているけれど
    犬はまだ仔犬のため、子供じゃれ付くと大変だという事でケージに。
    インコと金魚は最初からケージと水槽に入っていた。

    部下と父が話をしている間、子供はインコに興味があって仕方ないらしく
    ケージの周りをウロウロし始めた。子供の方が動物みたいだった。
    嫌な予感がしたので、私はインコの側に居座った。
    すると突然、子供がケージに指を突っ込もうとしたので
    「指は入れちゃだめ!噛むから!」と注意した。

    ウチのインコ、育ての親である私以外には無礼な行動を許さない。
    ケージに何の前触れもなしに指を入れようものなら、男の固い指でも流血させる。
    「このインコはね、知らない人がとても怖いんだ。
    だから、見るだけにしてね。●●ちゃんも嫌な事されたら怒るでしょ?」
    と諭し、母親にも
    「クチバシの力が強いですから、お子さんに注意してあげてください。噛まれたら大変です。
    施錠した家に、勝手に他人が入ってくるようなものなんですよ。お願いしますね。」
    と言っておいたが、母親は携帯いじりながら
    「だ~いじょ~ぶですよ~ウフフ」何が大丈夫なんだ!?

    123 名前:2/2 投稿日:2007/12/20(木) 14:48:45 ID:w8pbhDjN
    しかし。噛まれてからじゃ遅いんで、ケージを別室に移動しようと持ち上げた瞬間。
    「ピギィッ」
    「びぎゃああああああああああああ!!!うぎゃああああああああああ!!」
    私の手がケージにかかって、ダニを阻止できない瞬間を狙ってバカダニが指入れた!
    あげくに噛まれた。

    「いやあ!!●●ちゃん!!なんでこんな!!そんな凶暴な鳥、なんで飼ってるんですか!」
    母親がパニくるパニくる。あんだけ言った話を聞いていなかったのか!
    トリは縄張りを守っただけなんだよ!
    まさか子供が、ケージを持ち上げた瞬間狙ってくるとは思いもよらなかったよ!

    子供には幸いケガはなく、インコも手加減をしたらしい。
    インコでさえ手加減を知っているのに、子供はインコ以下だった。
    結局私が頭を下げた。噛んだのは事実だし。でもその後、母ダニが
    「慰謝料払え!心の傷を負った!裁判にかける!鳥は保健所に連れていけ!
    これだから子供のいない若いのは!!毎日嫌がらせしてやるからね!」
    と自分の監督不行き届きは棚に上げて、私を攻撃。

    しかしインコをこよなく愛する父が
    「毎日嫌がらせとは穏やかじゃないね。
    貴方の目には、子供がインコに手を出すのが見えなかったのかな。
    携帯がそんなに大事なら、もうこのまま一生携帯をいじっていなさい。
    娘は注意もしたし、ケージを移動しようとした。
    ここまでして、あと何が出来るかな。娘は貴方の使用人じゃないよ。」

    ここで部下が平謝り。そりゃそうだ。アポ無し訪問の上、バカ丸出し。
    父の一言で部下親子はお引取りになった。
    「君たちは、家庭を持つのも独立するのも早過ぎるようだね。」
    父曰く部下は会社では仕事も出来、人間的にも良い人だったので、
    余程の事だなのだろうと、アポ無しでも相談に乗ったらしい。とんだ見当違いだったと呟いていた。




  • | 07:26 |

    2ちゃんねる

    | 生活全般 | CM (1) TB (0) | Top▲
    コメント
    この記事へのコメント
    タイトルからして熱湯ぶっかけるような話だと思ったが…
    2009/10/12(月) 08:39:34 | URL | #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。