2ちゃんねるのまとめさいと
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| --:-- |

2ちゃんねる

| スポンサー広告 | | Top▲
2009年09月28日 (月) | Edit |
  • 編集元:生活全般板「426 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/01/01(木) 22:21:42 ID:Bacgi/CP」より

    460 おさかなくわえた名無しさん :2007/10/25(木) 00:28:03 ID:40Abgv5r

    2年間付き合っていた彼氏にフラれた。
    もう本当にその人の事が好きで好きで、その人無しの生活なんか考えられなかった。
    自宅に帰った後、
    「○○がいない世界なんて!!!」
    と発狂し、台所にあった包丁で手首を切ろうとした。
    でも一瞬思い止まって、
    「いや、このまま黙って死ぬのもつまらん・・・そうだ手紙を書こう!私の屍の隣には血に染まった手紙・・・」
    と、トンデモな妄想をして、その辺にあったスポンジボブのメモ帳に自分の思いを書き綴った。
    内容は
    『貴方のいない世界なんて、アタシには堪えられない』とか、
    『私の屍の周りは向日葵で飾って』
    『だって向日葵は貴方とアタシの思い出の華だから・・・』とか、
    今思えば恥ずかしい上にバッカくせぇ内容。
    しかも途中で感極まって、
    「ボッ!ボブゥ!!クゥッッッ!!」
    って泣き崩れた。
    泣きながら叫んだのが元カレの名前じゃなくてスポンジボブ。
    ボブ。
    有り得ない。

    こんな感じで泣きながら手紙を書き終えて包丁を手にした。
    「いざ、いにしえの国へ!!!」
    その瞬間に、チラっと見えた包丁の刃がボロボロだった。
    「オカン包丁研いでない!!!!!」
    ボロ刃による脱力感で、私の自殺願望は一気に消え去った・・・

    我に返って手紙を読むと、あまりにも恥ずかしくて吐き気がした。
    自殺願望は無くなったけど、自分死ねばいいのにと思った。
    私22歳、3ヶ月前の話です。




  • | 16:27 |

    2ちゃんねる

    | 生活全般 | CM (0) TB (0) | Top▲
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。