2ちゃんねるのまとめさいと
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| --:-- |

2ちゃんねる

| スポンサー広告 | | Top▲
2009年08月30日 (日) | Edit |
  • 編集元:ガイドライン板より

    614 水先案名無い人 :2008/10/06(月) 20:29:09 ID:BsLntVz00

    370 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/10/04(土) 10:43:50 ID:drhiWJTs0
    昔、Yahoo!で東鳩と検索すると、
    菓子メーカーではなくゲームしか出てこない時代があった。

    371 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/10/04(土) 11:23:13 ID:+oRF05050
    利府の東鳩とか書かれてあんなとこに工場あったっけと悩んだのもいい思い出なささかま県在住。

    617 水先案名無い人 :2008/10/06(月) 20:43:24 ID:Vzqo16Zd0

    東鳩は「暴君ハバネロ」のヒットで倒産を免れたって聞いたなぁ

    618 水先案名無い人 :2008/10/06(月) 21:09:12 ID:k0eB9sR70

    東鳩といえばキャラメルコーンにピーナッツが入ってる理由。
    このスレの住民に適した雑学だと思う。

    620 水先案名無い人 :2008/10/06(月) 21:15:34 ID:ZDs3rUJ20

    早くコピペしてくれよ。

    621 水先案名無い人 :2008/10/06(月) 21:28:32 ID:k0eB9sR70

    貼ろうと思ったけど、ネット上に俺の知ってる内容が無い。

    キャラメルコーンが最初に市販化されたのはS40年代半ばのこと。
    東鳩は自信満々でこれを世に出したところ、ある時期から一斉に返品をくらうようになった。
    理由は、夏の暑さでキャラメルのコーティングが溶けて、中身がガチガチに固まってしまうから。

    しかし商品に自信のあった東鳩社員はこんなことでめげない。
    その後の様々な改良テストの結果、極々少量の塩を均一にふりかければ固化は避けられることが分かった。
    しかし研究段階ではクリヤできても、量産化となるとこれが難しい。
    液体なら攪拌できるけど、すでに出来上がったキャラメルコーンにどうやって「極々少量の塩」を「均一に」混ぜるか。

    そこで思いついたのが市販化されているピーナッツ。
    極少量の塩を直接ふりかけるのではなく、ピーナッツを一定量混ぜれば、それに比例して自動的に「極少量の塩」を
    「均一」に混ぜられることが分かった。

    これでロット毎のバラツキはクリヤした。残るは一袋の中身の均一化。
    これはキャラメルコーンを袋詰めした後、袋の上にピーナッツを混ぜ、工場出荷後の輸送中に
    ピーナッツが上方から下方へ自然と落下することで、袋の中身に極少量の塩を均一に行き渡らせることが可能となった。

    623 水先案名無い人 :2008/10/06(月) 21:32:40 ID:S36KZwxR0

    >>621
    なんという無駄知識だ…すばらしい




  • | 00:25 |

    2ちゃんねる

    | 雑学 | CM (1) TB (0) | Top▲
    コメント
    この記事へのコメント
    マルチのかわいさは異常
    2009/08/30(日) 15:16:48 | URL | #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。