2ちゃんねるのまとめさいと
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| --:-- |

2ちゃんねる

| スポンサー広告 | | Top▲
2009年08月03日 (月) | Edit |
  • 編集元:人生相談板より「バケツ一杯分の『幸せ』

    1 まきひと ◆zeDiWCcgGk :2007/01/14(日) 10:01:47 ID:oAvmknC7

    人は、生まれると同時に、バケツ一杯分の『幸せ』を与えられる。
    病気の時、嬉しい時、悲しい時・・・。
    そんな人生の節目に、人は、バケツから、ひとくち分の『幸せ』を飲む。

    すると、とても満たされた平和な気持ちになる。
    そしてまた、『明日からがんばろう』、そういう気持ちになるのだ。
    けれど、『幸せ』は、一生を通じてバケツ一杯分しか与えられていない。

    中には、若くして『幸せ』を飲み干して絶望するものもいれば、
    『幸せ』をたっぷり残したまま死んで行く者もいる。
    だから、若いうちは極力節約して、上手に『幸せ』を使うようにと教えられて育つ。

    ところがある日、一人の男が、『幸せを大量生産できる機械』を発明する。
    すると皆は、こぞって、お金で『幸せ』を買い求めた。
    そして、どんどん『幸せ』を飲み干しては、また『幸せ』を買い求めた。

    『幸せ』を買うために、人々は昼夜の区別なく働いた。
    国には、たくさんの工場や車やモノが溢れかえった。

    そんなある日、若い時に国を出た一人の男が帰郷する。
    彼は、すっかり様変わりした国の光景を見て、驚いた。

    なにより、彼が一番驚いたのは、皆のバケツには『幸せ』の代わりに、
    たくさんのお金が詰め込まれていたことだった。

    彼は、お金で『幸せ』を買い求める人々をしばらく眺めていたが、
    その後、国が見渡せる丘へと登った。

    彼は、丘の上で、ひとくち分だけ残っていた『幸せ』を、ごくり、と飲み干した。

    そして、彼はとても満たされた気持ちで、静かに息をひきとった・・・。
    静かに息を引き取った・・・

    5 マジレスさん :2007/01/14(日) 10:11:14 ID:NzgFC7Nt

    幸せって毒なの?

    10 まきひと ◆zeDiWCcgGk :2007/01/14(日) 10:21:30 ID:oAvmknC7

    >>5
     ん、どう言う意味・・・?
    >>1の本文が意図するメッセージは、昔は物が無くても心が満たされてる意味での『精神的な幸せ』だったけど
     今は『物質的な幸せ』が氾濫してる事に対する危惧だろうね。
     『毒』なのか如何かは僕にも分からないや。


  • 7 マジレスさん :2007/01/14(日) 10:16:25 ID:NzgFC7Nt

    なるほど、そんな光景見たくないから最後の一口の幸せが即死だった

    あってる?まきひと

    10 まきひと ◆zeDiWCcgGk :2007/01/14(日) 10:21:30 ID:oAvmknC7

    >>7
     あ、君は読解力高いね・・・>1の本文自体ほとんどパクリだから真意は不明だけど、
     僕もその解釈だよ。 
    『若い時に国を出た一人の男』が最後に望んだ幸せ=『物質的な幸せが氾濫してる世の中からの脱却』だと思う。

    8 マジレスさん :2007/01/14(日) 10:18:06 ID:bHR5MLOJ

    >>1
    一生で得られる幸せの量が決まってるって事か?なんとなく分かる。

    14 まきひと ◆zeDiWCcgGk :2007/01/14(日) 10:29:02 ID:oAvmknC7

    >>8
     えっと・・・その解釈も当然『1つの正解』だとは思う。
     けど、僕はちょっと違う見解だね。
     『お金を積んで手に入れた幸せ』は幸せには成り得ないって事で、
     んんー・・・なんて言うかな・・・
     『バケツ一杯分』ってのが例えば家族への愛情とかを挿してると思うんだよね。

    >>人は、バケツから、ひとくち分の『幸せ』を飲む。
    >>すると、とても満たされた平和な気持ちになる。
    >>そしてまた、『明日からがんばろう』、 そういう気持ちになるのだ
    これが要するに、家族との団欒とかを挿してると思うんだよ。
    けど今の世の中はそういうのが疎かになってるでしょ?
    そう言うメッセージじゃないのかなって・・・ごめん、上手く言えないや

    24 マジレスさん :2007/01/19(金) 13:23:25 ID:MBsCr8q3

    >>14
    お金が無きゃ幸せになれないよ?

    25 マジレスさん :2007/01/19(金) 14:55:57 ID:4GUJb2Wg

    >>24
    逆だ。幸せになるとお金に困らなくなる、だよ。
    幸せになるかどうかはお金に左右されない。

    12 マジレスさん :2007/01/14(日) 10:26:11 ID:NzgFC7Nt

    金で買える、幸せは安いってことじゃないの?量産されてんだし
    上手に使えってところが味噌なんだろ?

    つか各国共通じゃない幸せってなんだ?例えば大航海時代のコショウみたいなもんか?
    なんつか、練り直してもっかい書いて欲しい

    13 マジレスさん :2007/01/14(日) 10:27:34 ID:PslLku1F

    自分が欲しいときに都合良く『幸せ』なんて手に入らないだろ。

    下らん絵空事だ。

    17 マジレスさん :2007/01/14(日) 10:34:35 ID:NzgFC7Nt

    新バケツ一杯分の幸せが見れなくて残念ってことな

    18 マジレスさん :2007/01/14(日) 10:48:37 ID:PslLku1F

    『天才柳沢教授の生活』って漫画読め。
    イロイロおもしろいから。

    26 マジレスさん :2007/01/19(金) 15:03:16 ID:mzjMp95J

    >>18
    あたすもそれすき 絵がきれぃ

    20 マジレスさん :2007/01/17(水) 20:03:44 ID:m+vA0paP

    >>1
    不完全な面が多々目に付くけども、その話嫌いじゃない、
    むしろ好き、頑張って改良してみて下さい!
    期待してます。

    28 マジレスさん :2007/01/19(金) 16:15:02 ID:rqpFBJsT

    『幸せのバケツ』ひっくり返されないようにね!!!!!!!

    29 マジレスさん :2007/01/19(金) 17:03:23 ID:lDeM97jw

    同じ一杯分でも人それぞれ密度が違うと思う。
    初めから違うのではなくて自分次第で変わるんじゃないかなって思う。

    31 マジレスさん :2007/01/21(日) 00:07:29 ID:GJnEjsBu

    人によってバケツの大きさが、オチョコだったり東京ドームだったり・・・
    サイズをもうちょっと、こう・・・・均等に…

    35 マジレスさん :2007/01/26(金) 18:33:53 ID:2qtzQPe9

    少年アシベ読むと幸せになるよ

    38 マジレスさん :2007/01/27(土) 20:34:42 ID:s/NJrbDn

    そうやってバケツだのコップだので、自ら得られる幸せを限定してるわけだ。
    馬鹿みたい、じゃなくて馬鹿だねこりゃ

    なんでこう規定して縛り付けるのが好きかね人間は

    39 マジレスさん :2007/01/27(土) 21:46:06 ID:oI21NWnG

    >>38
    読解力w

    40 マジレスさん :2007/01/27(土) 23:22:02 ID:1oK55fIa

    幸せと言う概念は妄想に過ぎない

    45 マジレスさん :2007/02/09(金) 09:28:19 ID:tf3MIzd3

    だからなんだよ。苦労が美徳?苦労が幸せ?w
    幸せなんて存在しない。人が満足したと錯覚しただけ。
    くだらねぇ。

    47 マジレスさん :2007/02/16(金) 05:18:58 ID:wNeP8n05

    確かに固定概念はよくないね。うん‥。危うく決めつけちゃうとこだったよ。自分の中で。

    49 マジレスさん :2007/02/20(火) 11:03:31 ID:GoMuKUvS

    一気に飲むか、
    すこしづつ飲むか

    それはアナタしだい。

    50 マジレスさん :2007/02/20(火) 11:45:40 ID:vWDQ/dOi

    勝手に解釈してみた。

    前半部分

    人は、生まれると同時に、バケツ一杯分の『幸せ』を与えられる。
    与えられる=生まれた時は皆空の容器。親に愛を注がれて育って行く。

    病気の時、嬉しい時、悲しい時・・・。
    そんな人生の節目に、人は、バケツから、ひとくち分の『幸せ』を飲む。
    幸せ=人の優しさに触れた事で慈悲の愛を感じる。

    すると、とても満たされた平和な気持ちになる。
    そしてまた、『明日からがんばろう』、そういう気持ちになるのだ。
    =そのまんま。

    けれど、『幸せ』は、一生を通じてバケツ一杯分しか与えられていない。
    一生で一杯分=人生どう生きようが、自分次第の意。

    中には、若くして『幸せ』を飲み干して絶望するものもいれば、
    飲み干す=孤独、自分の殻に閉じ籠り荒廃する者。

    『幸せ』をたっぷり残したまま死んで行く者もいる。
    残したまま=愛は与えた分だけ戻ってくるの意。

    だから、若いうちは極力節約して、上手に『幸せ』を使うようにと教えられて育つ。
    教え=自分の愛を上手に与え、相手の愛を上手に受け取るために必要な方法。知恵や価値観など。


    以上、前半部分の勝手な解釈。

    51 マジレスさん :2007/02/20(火) 11:47:20 ID:vWDQ/dOi

    後半部分の勝手な解釈。分割で。


    ところがある日、一人の男が、『幸せを大量生産できる機械』を発明する。
    =金。

    すると皆は、こぞって、お金で『幸せ』を買い求めた。
    幸せ=己の願いを何でも叶えてくれる偽の幸せ。欲望。解りにくい表現だが金のことでもある。

    そして、どんどん『幸せ』を飲み干しては、また『幸せ』を買い求めた。
    飲み干し、買い求めた=金で自らの欲望を叶え続けた。

    『幸せ』を買うために、人々は昼夜の区別なく働いた。
    幸せを買うために=愛を忘れ、欲に走った。

    国には、たくさんの工場や車やモノが溢れかえった。
    国、モノが溢れかえった=自らの欲望に支配された現代人達。

    そんなある日、若い時に国を出た一人の男が帰郷する。
    若い時=愛を存分に与えられ育った人間を表す。国を離れた事で金に汚されずにすんだことを意味する。

    彼は、すっかり様変わりした国の光景を見て、驚いた。
    様変わり=人間の汚れた欲望や感情が渦巻く世界に変質。

    なにより、彼が一番驚いたのは、皆のバケツには『幸せ』の代わりに、
    たくさんのお金が詰め込まれていたことだった。
    幸せの変わりに金=愛より物、他人より自分が。与えるより貰いたい。の意

    52 マジレスさん :2007/02/20(火) 11:51:05 ID:vWDQ/dOi

    後半部分分割2の勝手な解釈。


    彼は、お金で『幸せ』を買い求める人々をしばらく眺めていたが、その後、国が見渡せる丘へと登った。
    幸せを買い求める人々=愛の大切さを忘れ、欲に支配された悲しい人々。


    その後、国が見渡せる丘へと登った。
    国=金の力に支配され、汚れた世界。


    彼は、丘の上で、ひとくち分だけ残っていた『幸せ』を、ごくり、と飲み干した。
    幸せを飲む=汚れた世界の中、愛を思い出す。愛のある時代の記憶。

    そして、彼はとても満たされた気持ちで、静かに息をひきとった・・・。
    静かに息を引き取った・・・
    満たされた気持ち=自分は人を愛し愛され幸せだった。
    苦しむのではなく、静かに死んだ=愛があれば、物が無くても幸せになれる事を示す。


    どう見ても無理がある箇所が…orz。
    とりあえず勝手な解釈。

    53 マジレスさん :2007/02/20(火) 12:03:19 ID:A1c3XMun

    『小石につまづいてコケて、バケツの中の幸せを全部こぼしてしまいました。ほんの一瞬油断しただけなのに。』
    ↑のほうがリアリティあるー。

    『しっかり持っていたはずなのに、後ろからバケツを引ったくられてしまいました』
    ↑これもリアリティあるー。

    55 マジレスさん :2007/02/23(金) 18:58:18 ID:7FbQ4Nmw

    バケツの中の幸せを飲む方法がわかんねえwww

    56 マジレスさん :2007/02/23(金) 19:35:08 ID:DamIBZpc

    >>55
    小泉さんが薦めてる本「鈍感力」やってよ。
    誰か議員さんが書いたんやっけな。
    感じ悪くても意外とイイ奴なんて事皿にあるし。
    何やっけな、ようわかんね・・

    63 マジレスさん :2007/03/24(土) 14:21:39 ID:M5pRjB0N

    バケツの中に虫でも入ってたらどうするんだよ

    64 マジレスさん :2007/03/28(水) 06:24:57 ID:r4YLuELO

    >>63

    67 まきさる ◇zeDiWCcgGk :2007/03/28(水) 11:58:52 ID:CjmqjW8b

    人は、生まれると同時に、バケツ一杯分の『不幸せ』を割り当てられる。
    病気の時、失敗した時、ルールを破った時・・・。
    そんな人生の節目に、人はバケツから、ひとくち分の『不幸せ』を飲まされる。

    すると、とても耐え難い不安な気持ちになる。
    そして『明日はどうなるだろう?』、そういう気持ちになるのだ。
    しかも、『不幸せ』は、一生を通じてバケツ一杯分も与えられている・・・。

    中には、若くして『不幸せ』をうまく飲み干して将来に希望を持つものもいれば、
    『不幸せ』を無理に飲みすぎて死んで行く者もいる。
    だから、若いうちは極力自己を抑制して、上手に『不幸せ』を消費するようにと教えられて育つ。

    ところがある日、一人の男が、『不幸せを大量廃棄できる機械』を発明する。
    すると皆は、こぞって、お金で『不幸せ』を廃棄した。
    (そして、どんどん『不幸せ』を飲み干しては、また『幸せ』を買い求めた。)

    『不幸せ』を捨てるために、人々は昼夜の区別なく働いた。
    国には、たくさんの工場や車やモノが溢れかえった。

    そんなある日、若い時に国を出た一人の男が帰郷する。
    彼は、すっかり様変わりした国の光景を見て、驚いた。

    なにより、彼が一番驚いたのは、皆のバケツには『不幸せ』の代わりに、
    たくさんのお金が詰め込まれていたことだった。

    彼は、お金で『不幸せ』を廃棄する人々をしばらく眺めていたが、
    その後、国が見渡せる丘へと登った。

    彼は、丘の上で、ひとくち分だけ残っていた『不幸せ』を、ごくり、と飲み干した。

    そして、彼はとても満たされた気持ちで、静かに息をひきとった・・・。
    静かに息を引き取った・・・

    68 停止しました。。。 :停止

    真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ




    | 08:26 |

    2ちゃんねる

    | 人生 | CM (0) TB (0) | Top▲
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。