FC2ブログ
2ちゃんねるのまとめさいと
2009年07月28日 (火) | Edit |
  • 編集元:ガイドライン板より

    510 水先案名無い人 :2008/06/30(月) 00:23:22 ID:ttsTurB50

    490 名前: 水先案名無い人 投稿日: 2008/06/28(土) 23:02:33 ID:gxXvwj8o0
    我が家には「襖越しに猫に話しかけてはいけない」という掟がある。

    真夜中、人間が寝静まる頃、遠くからふたつの音が近付いてくる。
    とっとっとっとっとっとっと(←猫の足音)
    ごろごろごろごろぐるぐるぐるる(←猫の喉音)
    それは人間の部屋の前までやってくると、襖を前足で踏み踏み、鼻をふがふが鳴らしつつ、
    寝ている人間に愛らしい声で呼びかけてくるのだ。

    「なーん(お部屋にいれてよー)」

    これは人間が目覚めるまで続けられる。
    その愛らしい声に根負けして、そっと戸を開けてやる分には構わない。
    だが、戸を開ける前に、決して猫に話しかけてはならない。
    猫の添い寝テンションがメントスコーラの如く噴き上がってしまうからだ。

    「にゃー!にゃーん!ぐるぐるぐるるうるるふがふが」
    (人間いた!一緒に寝る!部屋入る入るったら入ぁうぇ!)

    夜の静寂を破るのは、
    ・襖がバリバリと切り裂かれる音
    ・襖の骨組みがメキメキバキリと折れる音
    ・こじ開けた穴を猫が無理矢理潜り抜けるメキメキという音
    ・猫が部屋へ降り立った、トンという足音

    そして呆然とする人間の枕元に、喉をゴロゴロいわせた猫が当然のように
    「布団開けて?」と擦り寄ってくる。
    人間の腕枕で眠る猫と、隙間風の入り込む破壊された襖。
    呆然とする人間の部屋に、真夜中の破壊音に驚いた家族がやってくる。
    穴の開いた襖を見られ、人間はしこたま怒られるのだ。

    襖越しに猫に話しかけてはいけない。

    511 水先案名無い人 :2008/06/30(月) 00:51:47 ID:47hTCGR+0

    >>499
    パクマンさんだか音速丸だかわからなくなりましたごめんなさい




  • | 11:27 |

    2ちゃんねる

    | ヌコ | CM (1) TB (0) | Top▲
    コメント
    この記事へのコメント
    襖ではなく障子ではないのか。
    2009/07/28(火) 13:10:30 | URL | #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック