2ちゃんねるのまとめさいと
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| --:-- |

2ちゃんねる

| スポンサー広告 | | Top▲
2009年07月15日 (水) | Edit |
  • 編集元:生活サロン板より

    749 ななしのいるせいかつ :2007/10/29(月) 01:36:58

    小学校のころ、塾の帰り道で知り合いの女の子(P)を見かけた。
    PはいつものオーバーオールとNカバンを背負ってたから、後姿ですぐにわかった。
    その子とはケンカしたりしながらも仲良くて、勝手にPは俺のことを好きなんだと思い込んでいた。
    友達も、あいつらデキてるぜ、とか言ってたし、おれもまんざらじゃなかったんだ。

    Pは駅に向かって歩いていたから、おれは一緒に帰ろうと思って「おーいP!」って呼んだ。
    すると、Pは聞こえないのか、すたすたと駅のほうへ歩いていってしまう・・・
    なんか怒らせたかな?と思ったおれは、「おーいP!」って叫びながら追いかけた。
    おかしいな?いつもなら向こうからキック!!とかやってくるのに・・・
    なおも、小走りで逃げるように駅に向かうP。追いかける俺。次第にマジ小走りになる。

    駅に近づくにつれ、人も多くなってきて、おれはけっこう焦ってきた。
    ここでPに返事してもらえなかったら、おれは奇声上げて走ってる頭のイカレたガキ決定だっ!
    しかもそのガキ、小走りで逃げる女の子を追い掛け回している。
    気づかないふりはしていたが、周りの大人たちはヘンなガキがいるって感じで見てただろう。
    もうおれは恥ずかしいし、腹が立つし、無視される理由はわからないし
    おいおい頼むよ無視しないでよーーーって感じで、だんだん呼ぶ声もキレ気味になっていたと思う。
    周りの目が気になってきたおれは、「おい!!P!!待てよ!!逃げんなよ!!」ってかんじに、
    この女の子は友達ですよ!!的な必死のアピール続けつつ、
    そして、おれたちは駅の北口入り口の階段までやってきた。

    北口は階段がやや狭いので、電車が着くと降りてきた人が殺到してくるのだ。
    その時も階段から出てくる人の流れが途切れるのを待ている人で、入り口は込み合っていた。
    Pもまた、階段の前で立ち往生になってしまっていた。もうお互い、逃げ場はない。
    ようやくPに追いついた俺は、Pが逃げてたのは恥ずかしがっているのだろうと思い込み、
    ここは一つ笑いを取るしかない!!と決め
    「おーーーーいなにやってんのーーー??にげるなぁーーーーー」
    とか変な声をだしてわき腹つついて振り向かせた。









    ぜんぜん知らない子だった。
    目が泣いてた。








    「気が遠くなる」っていうのはああいうことを言うんだな。
    どうやってその場をしのいだか覚えていない。




  • | 03:25 |

    2ちゃんねる

    | 思ひ出 | CM (1) TB (0) | Top▲
    コメント
    この記事へのコメント
    あるあ… ねーよww
    2009/07/15(水) 18:37:50 | URL | #GCA3nAmE[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。