FC2ブログ
2ちゃんねるのまとめさいと
2009年07月05日 (日) | Edit |
  • 編集元:育児板より「お前ら自分の命と子供の命どっちが大事?

    1 名無しの心子知らず :2007/06/24(日) 14:24:56 ID:lxPZrcV0

    子供のために命捨てられる?


  • 2 名無しの心子知らず :2007/06/24(日) 14:42:52 ID:3VKWh170

    あったりまえじゃん2

    3 名無しの心子知らず :2007/06/24(日) 14:44:59 ID:PSOugHD2

    自分も子供も助かる3

    4 名無しの心子知らず :2007/06/24(日) 14:57:08 ID:qTAHtg43

    我が子が助かれば、自分の命なんてイラネの4

    5 名無しの心子知らず :2007/06/24(日) 15:00:27 ID:MHxi3xBw

    自分の命が大事にきまってんじゃん。
    自分さえ助かれば子供がどうなろうが知ったことじゃないの5

    6 名無しの心子知らず :2007/06/24(日) 15:00:29 ID:FiTBiKAC

    子供できないとわかんないよな5

    7 名無しの心子知らず :2007/06/24(日) 15:02:23 ID:6+8heXET

    子供さえ助かればイイや
    自分だけ生きちまっても死んだも同然だな

    10 名無しの心子知らず :2007/06/24(日) 15:07:52 ID:jtdrAQyu

    当然子供だが、自分死んだらその後の子供が心配で心配で、だから死ねない。
    ので、どっちも死なない10

    12 名無しの心子知らず :2007/06/24(日) 17:45:37 ID:xW32UgPP

    もちろん一緒に生き延びる

    が、どうしてもとなったら子を生かす。

    13 名無しの心子知らず :2007/06/24(日) 17:51:23 ID:a+G0uzKs

    自分の命の方が大事に決まってる

    子供なんてまた作ればいいじゃん

    14 名無しの心子知らず :2007/06/24(日) 17:53:06 ID:sBVojFi4

    両方大事に決まってるじゃん
    私が死んだら誰が子供を育てるんだい

    15 名無しの心子知らず :2007/06/24(日) 18:28:56 ID:hnRCWDDs

    子供が死んだら生きる意味を見失うの15

    19 アシッド ◆yV1kUsqr/. :2007/06/25(月) 02:26:22 ID:bJTgjnwZ

    オレはもう生きた オレと言う人間の生き方を全て伝えられないのは
    残念だけど チビよ生きろ。

    20 名無しの心子知らず :2007/06/25(月) 09:48:25 ID:jhHqEDW4

    死ぬなんて怖い思いはまださせたくないので子供を生かす。

    23 名無しの心子知らず :2007/06/25(月) 21:10:06 ID:2sWb+nUB

    子供に決まってんだろw自分はもう終わってるから未来あるもの優先

    24 名無しの心子知らず :2007/06/25(月) 21:11:58 ID:zgN1vZuz

    >>1よ。疑問に思うなら、君のおかあちゃんに聞いてみれ。それが答えだよ。

    25 名無しの心子知らず :2007/06/25(月) 21:17:30 ID:ozEw8DFP

    別にいつ死んでもいいと思ってたのが
    子どもを得てから絶対死にたくなくなった25。

    30 名無しの心子知らず :2007/06/25(月) 22:19:16 ID:dNsb3X5/

    >>25禿同。
    実際子供産んでみてこの子が一人立ちするまでは死ねないと思う・・・
    正直あちらに死ぬほど逢いたい人がいたりするのだが・・・
    でも死ねない。。。
    しかし極論自分の命捨てるしか子供の命が救えないとなると
    自分の命捨てれます。。。。
    でも残した子らが心配で成仏出来なさそうだ・・・

    26 名無しの心子知らず :2007/06/25(月) 21:18:33 ID:94CZ0Hy4

    子供を実際に授かればわかるよ。

    27 名無しの心子知らず :2007/06/25(月) 22:08:32 ID:Vt/drV22

    子なしの俺からしたらとても信じられんが
    実際子供が産まれたらそう思うんだな。

    28 名無しの心子知らず :2007/06/25(月) 22:17:00 ID:qxu+Maks

    子どもに決まってる。ちなみに旦那や親や兄弟よりだんぜん「子供」が大切。

    29 名無しの心子知らず :2007/06/25(月) 22:17:30 ID:Bw42RXbc

    考えるまでもなく子供。
    子供と同じように親も大事。

    31 名無しの心子知らず :2007/06/25(月) 22:20:55 ID:lntoNvq3

    子供にはできるだけ辛い思いも痛い思いもして欲しくない。

    子供達よ幸せになれ。

    32 名無しの心子知らず :2007/06/25(月) 22:24:01 ID:vjYDTLR0

    子供。

    独身時代はもとより、結婚してからも小梨時代には子供とみりゃ
    舌打ちするほど大の子供嫌いだった私だが、
    産んでから世界逆転、子供の命のほうが大事に決まってる。

    33 名無しの心子知らず :2007/06/25(月) 22:35:23 ID:1J0gHkbt

    命云々は考えなかったが、子供が自転車で転びそうになったときには
    自分が怪我することなんか考えないで駆け寄っていったよ。


    ええ、思いっきり擦りむきましたよw
    でも親になるとこうなるんだ~と思った。

    34 名無しの心子知らず :2007/06/25(月) 22:52:20 ID:NT3RSYEk

    子供嫌いな私。
    いざ自分に子が出来ても心から愛せるか不安だった…
    けど、実際自分に子供が出来たら可愛くてしょうがない!
    子供の為なら自分の命は惜しくない!って思う程。
    まぁ、子が独り立ち出来るまでは自分死ねないですけど…

    35 名無しの心子知らず :2007/06/25(月) 23:07:48 ID:XLii7yGQ

    何よりも子供が大切。

    子供の命が助かるなら、私は死ねる。
    子供には幸せな人生を送ってほしい。

    36 名無しの心子知らず :2007/06/25(月) 23:16:11 ID:pDm/JwmR

    どっちが大切かなんて決められない。 だって、お互いにお互いの存在が必要不可欠だから。

    37 名無しの心子知らず :2007/06/26(火) 07:44:05 ID:BsyzW+6W

    >>36
    >お互いにお互いの存在が必要不可欠だから。
    普段はね…、そうなんだけど。 
    どっちの命が大事?って聞かれたら、もちろん子供でしょ。 
    もしもだけど、例えば凶悪犯に人質にとられたら、私はどうなってもいいから子供だけは助けて!となります罠。 
    大病になってドナーがいないとなったら、迷わず自分の命を犠牲にして子供を助ける。
    どちらかの命が助かってどちらか助からないとなったら、迷わず子供を助けるでしょ。
    だから、結局自分の命より子供の命が大事。

    38 名無しの心子知らず :2007/06/26(火) 09:45:36 ID:nzMOlfjm

    嫁の命をくれて、俺と子供が助かる。

    これで万事OK

    44 名無しの心子知らず :2007/06/26(火) 22:33:10 ID:u9DXgCmf

    >>38
    同じだ
    違うのはうちは旦那がって事だけどw
    今更、子供のいない人生なんて考えられない

    39 名無しの心子知らず :2007/06/26(火) 21:33:26 ID:tW/i8oeY

    親にとって子供は不細工だろうが病気だろうが可愛くて仕方がないんだな。
    なんかこのスレ見てると安心するぜ。

    41 名無しの心子知らず :2007/06/26(火) 22:07:14 ID:hVJs7jaE

    子供。
    苛々する時もあるけど、子供が助かってくれるんだったら、命を惜しまない。

    42 名無しの心子知らず :2007/06/26(火) 22:13:19 ID:/htGqe1h

    私も子供。
     
    ホントに大切な宝物だね。子供の為なら なんだって出来る。

    45 名無しの心子知らず :2007/06/26(火) 22:34:51 ID:tCF98wF7

    子供。
    先立たれた日にゃ発狂すると思う。
    自分も死ぬわけにはいかないが、それは子のために死ねないのであって。
    天秤にかけるんなら、もちろん子の命を選ぶ。

    46 名無しの心子知らず :2007/06/26(火) 22:42:36 ID:F9wHmYKI

    なんか涙が出てきた

    48 名無しの心子知らず :2007/06/27(水) 01:10:20 ID:j5KlM/M6

    地震が起きると何も考えずに子供に覆いかぶさる。
    揺れがおさまると、こんなことで守れるのか?と怖くなるけど。
    自分の命で子供を助けられるなら、絶対迷わない。

    79 名無しの心子知らず :2007/07/02(月) 14:35:24 ID:wfpbu/Wl

    >>48
    同じだ!!ちょっとの揺れでもすぐ覆い被さってます。
    ちょっと風邪ひいて辛そうにしてると「お母さん変わってあげる」と
    思ってしまう。
    子供が助かるなら私は死ねます!! 

    58 名無しの心子知らず :2007/06/27(水) 11:12:30 ID:+o6PhVZK

    実際に、交差点でベビーカーにバイクがつっこんできた事がある。
    目に見えた瞬間何も考えずに体が勝手にベビーカーを覆ってて、膝をバックリ切ってた(すりむいた?)
    けどまったく気付かなかった。
    結局バイクは直前で急ハンドル切って植木にずぼっと行ってことなきを得たんだがその間の数秒で、
    「はっちょっと待て!今私が死んだらこの子は誰が見てくれるの?もうすぐおっぱいで昼寝だけど
    病院にミルクはあるの?寝るときはガーゼがないと!あとおむつは○○のMサイズよ、××は合わない
    んだから!離乳食だって…」等、重要だけどのんきな心配ばかりが浮かんでた。

    子供を守るなら死んでもいいが、私が死んだあとに託せる人がいないなら死んでも死ねないな。
    なんか矛盾してるw

    62 名無しの心子知らず :2007/06/28(木) 05:11:51 ID:rAVA8of3

    >>58
    うちも同じようなことがあった。
    子乗せチャリで青信号横断中に脇見走行のおばさんの乗ったチャリが突進してきて、自分はチャリから投げ出されながらもやはり無意識に娘の頭と体を抱くような形でガードしていた。
    周りがワーワーうるさくて我にかえったら、私の顔と腕と足が血みどろ。
    これだけのケガでも娘を守ることに必死で痛みを感じないことに驚いたよ。

    咄嗟のことなら、問答無用で娘を守っちゃうな。
    でも、例えば1週間後に私か娘の命を差し出さなくてはいけないというような選択を迫られたら、すごく考えてしまう。
    私がいない状況での娘を考えてしまうから。(私の寝かし付けじゃないと寝ない、私が作ったご飯しか食べないなどなど)
    でも、私がいなくてもダンナや周りの人間が娘を何としても幸せにしてくれるだろうから、やっぱり娘が生きることを選ぶかな。
    その時は天国からこれでもかというくらい見守りまくる。
    >>49
    帝王切開って赤ちゃんにとっては普通分娩より楽らしいよ。
    苦しい思いをして産道を通らなくていいんだもの。
    いきなり外界に出るのが眩しくて少し辛いくらいじゃない?

    60 名無しの心子知らず :2007/06/27(水) 15:19:49 ID:aGyWjCmd

    子供。
    実際うちの子供には一見わからないごく軽度の発達障害があるんで
    療育に通わせられるのは自分だけだし手も色々かかるんだが
    自分が死んだら天国とやらがあって神様に会えるんなら
    自分を地獄行きにしてもらう引き替えに子供の発達障害をチャラにしてもらえるよう
    頼み込みたいと真剣に思ってるw

    61 名無しの心子知らず :2007/06/28(木) 00:20:17 ID:KKDxWne9

    あんたら親の鏡だ。


    と思ったけどこれが普通の親なのか。

    65 名無しの心子知らず :2007/06/29(金) 01:22:57 ID:chZyhK+L

     何かがあった時には、絶対に子供を助ける。私には
    親も兄弟もいないし、いつ死んでもいいと思っている。
    (旦那は、私が死ねば好きに生きてゆくだろうし)
    必死になって産んで、育ててきた子供が死に直面しそうになったら
    何が何でも助けてあげようと思う。

    69 名無しの心子知らず :2007/06/29(金) 08:08:17 ID:QRDc8SEV

    子供が産まれてから、旦那と時々そんな感じの話をしてる。
    私達夫婦のどちらか一方と子供が同時に災害かなんかで助けが必要な時は
    残った親はまず子供を助けようと。
    もし子供を助けられる可能性がわずかにあったのに自分を夫が助けに来たら
    感謝どころか罵倒して軽蔑して一生許さないと。

    70 名無しの心子知らず :2007/06/29(金) 09:47:20 ID:YBppc3Ug

    自分か子供か、と聞かれれば迷わず子供と答えるが。

    子が二人以上いる場合、一人だけ選ばないといけない状況になったらどうする?
    私は選べそうにない…。

    71 名無しの心子知らず :2007/06/29(金) 11:40:23 ID:qQgw0MXz

    >>70
    一人だけ選ばなきゃいけない状況って例えば? 
    例えば、火災に巻き込まれて子供が火の中に取り残されたら、とりあえず先に見つけた方を救出。 
    そして、残った一人を助けに行く。絶体絶命でも。 死ぬまで探す。(一緒に死ぬ) 

    もし、自分が旦那がいなくて、残された子供が天涯孤独になってしまう環境なら、一人を助けられなくても、死なずに戻ってきてしまうかもしれない…。

    絶対どっちも助けたいね…。

    75 名無しの心子知らず :2007/07/02(月) 13:29:37 ID:/HkGb0Et

    子供を産んで初めて、自分の命より大切に思えるものが世の中にあるんだ、と思った。
    子供を産んで初めて、しばらく(子供が自立するまで)何が何でも死ねないと思った。

    89 名無しの心子知らず :2007/07/24(火) 08:37:20 ID:1yAq7tFJ

    子供の為なら死ねるとか、大袈裟だ、キレイごとに決まってる
    と思ってた。
    子供が生まれて、4ヶ月健診をバスで行ったんだけど、抱っこして立ってたらバスに急ブレーキかかった時があって。
    その瞬間に「私がどうなってもこの子は助けなきゃ!」と思ってた自分に驚いた。

    自分に何かあって残された子供たちのことを考えると、心配でかわいそうで辛くなるけど、
    もし先立たれたらって考えると心臓をかきむしりたいくらい苦しくなる。きっと気が狂うと思う。

    92 名無しの心子知らず :2007/07/24(火) 10:08:47 ID:4d5/p2je

    >>89
    現実には気が狂わない。
    だから苦しい。
    狂ったほうが楽だろう。
    我が子の命は尊い。
    自分の命の比にもならない。

    120 名無しの心子知らず :2007/08/28(火) 15:57:33 ID:uzITo7mT

    自分は結婚するまで親に幸せにしてもらった
    旦那と出会ってからは旦那に幸せにしてもらった
    30年も幸せな思いをさせてもらった
    この子にはまだ幸せな思いをこれっぽっちしかさせてあげれてない
    だから断然子供

    この子が産まれてから、私の人生はこの子その物

    123 名無しの心子知らず :2007/08/28(火) 23:08:16 ID:vVQOeWnE

    子供だよ。
    ただこないだ、ちょっと酷い病気になって、子供達を実家に避難させてひたすらうずくまってた時、
    このまま自分が死んだら子供は赤ん坊はどうなるんだろって、普段考えた事もないのにそれで頭がいっぱいになってわんわん泣いた。
    子供を残しては死ねないと思ったのも確か。
    まあ、治ってよかったよ。

    139 名無しの心子知らず :2007/09/06(木) 23:45:37 ID:zWtixAza

    当然子供の命。
    ここ見てて思った。
    万が一、子供の命を守るために自分が命を落としてしまったら、
    できるなら、子供には私が命を守ったことは記憶に残らないで欲しい。
    お母さんが命を落としたのは、子供の命を守るためだったというのは知らないままでいて欲しい。
    最初から病気だったとかなんとか、絶対バレないような事を考えて
    子供が「お母さんは私を助けるために死んでしまったんだ」と思わないように
    今からきちんとダンナや周りの人に伝えとかなきゃ。

    144 名無しの心子知らず :2007/09/21(金) 17:11:39 ID:jlJt7MZD

    >>139
    そんな事、仕込んだって気付くんだよ子どもは。
    誰が何を言わなくても、母ちゃんの事は子どもが一番分かってる。




    | 05:25 |

    2ちゃんねる

    | 子供時代 | CM (0) TB (0) | Top▲
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック