FC2ブログ
2ちゃんねるのまとめさいと
2009年06月30日 (火) | Edit |

  • 編集元:創作文芸板より「印象的な「冒頭の1行」を語るスレ

    1 名無し物書き@推敲中? :03/05/31(土) 12:08

    これはすごいって書き出し、カタログ化されたし。

    ではどうぞ。

    3 名無し物書き@推敲中? :03/05/31(土) 12:14

    川端康成「片腕」


    「片腕を一晩お貸ししてもいいわ。」と娘は言った。そして
    右腕を肩からはずすと、それを左手に持って私の膝においた。

    4 名無し物書き@推敲中? :03/05/31(土) 12:35

    坂口安吾「桜の森の満開の下」


     桜の花が咲くと人々は酒をぶらさげたり団子をたべて花の下を
    歩いて絶景だの春ランマンだのと浮かれて陽気になりましが、
    これは嘘です。

    5 名無し物書き@推敲中? :03/05/31(土) 12:41

    カミュ「異邦人」


     きょう、ママンが死んだ。


  • 6 名無し物書き@推敲中? :03/05/31(土) 12:42

    川口五郎「鯰の行進」

     渇いた牛乳瓶の中を鯰が一匹泳いでいる。しかし、こんなに小さな鯰が居て
    いいのだろうか。

    7 名無し物書き@推敲中? :03/05/31(土) 12:44

    芥川龍之介「俊寛」


     俊寛様の話ですか? 俊寛様の話くらい、世間にまちがって
    伝えられたことは、まずほかにはありますまい。

    8 名無し物書き@推敲中? :03/05/31(土) 12:47

    菊池寛「俊寛」


     治承二年九月二十三日のことである。
     もし、それが都であったならば、秋がふけて、変わりやすい
    晩秋の空に、北山時雨が、おりおり襲ってくるときであるが、
    薩摩潟の沖はるかなる鬼界が島では、まだ秋の初めででもある
    ように暖かかった。

    9 名無し物書き@推敲中? :03/05/31(土) 12:50

    俺「題名未定」

    目覚まし時計を止めようと手を伸ばしたら、
    隣で寝ている旦那の喉仏を押してしまった。
    強く。深々と。
    嫌な感触とともに、ゴリリと音がした。
    気づくと、旦那は死んでいた。

    10 名無し物書き@推敲中? :03/05/31(土) 12:53

    大江健三郎「死者の奢り」

    死者たちは、濃褐色の液に浸かって、腕を絡みあい、頭を押しつけあって、
    ぎっしり浮かび、また半ば沈みかかっている。

    11 名無し物書き@推敲中? :03/05/31(土) 13:20

    春は曙
    我輩は猫である
    トンネルを抜けると、そこは雪国であった
    むか~しむかし、あるところにおじいさんとおばあさんが(略

    47 名無し物書き@推敲中? :04/08/03(火) 09:36

    >>11
    誰か雪国の書き出し間違ってるとか教えてやれよ…

    29 名無し物書き@推敲中? :04/02/29(日) 21:47

    寂しさは鳴る。

    32 名無し物書き@推敲中? :04/03/01(月) 22:33

    >>29
    蹴りたい背中 綿矢りさ

    30 名無し物書き@推敲中? :04/02/29(日) 22:07

    かけまくもかしこきいざなぎのおおかみ

    32 名無し物書き@推敲中? :04/03/01(月) 22:33

    >>30
    古事記 語り部:稗田阿礼 編者:太安万侶

    33 名無し物書き@推敲中? :04/03/02(火) 04:43

    女のすなる××といふものを男もしてみんとてするなり。

    ――伏字にするといいなあ

    34 名無し物書き@推敲中? :04/03/02(火) 05:07

    >>33
    土佐日記だっけか? たしかに伏字にするといいなw

    あの空の青を染めたい、と思う。

    35 名無し物書き@推敲中? :04/03/03(水) 05:11

    やっぱ最高の冒頭と言えばこれしかないやろ。

    「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」

    40 邪知暴虐 :04/03/04(木) 05:54

    メロスは激怒した。必ず、 かの邪知暴虐の王を除かなければならぬと決意した。

    41 名無し物書き@推敲中? :04/03/15(月) 16:12

    >>40
    その冒頭好きだ。

    48 名無し物書き@推敲中? :04/08/03(火) 19:40

    国境の長いトンネルを抜けると雪国だった。

    ちなみに「くにざかい」だよな。


    49 名無し物書き@推敲中? :04/08/04(水) 13:43

    >>48
    川端本人が読みをふってないって事は、どっちでもいいってことなんだろう。
    「くにざかい」と読みたいなら読めばいいが、「こっきょう」と読んでる人間を貶すようなのはやめとけよ。

    50 名無し物書き@推敲中? :04/08/04(水) 15:31

    >>49
    どっちでもいいなんてわけないじゃん。
    川端が「私の文章の読み方など、どっちでもいい」とか言うってのか?
    んなわきゃ無い。

    だったらお前が恐山まで行って川端に聞いて来い!

    51 名無し物書き@推敲中? :04/08/04(水) 19:53

    当時はまだ生まれてなかったから実際には見てないが、
    1960年くらいにやってたNHKの番組で、ナレーターが川端本人の前で雪国を朗読して、
    そのナレーターが「こっきょうの長い~」と読んでも何も言わなかったそうな。

    川端ほどの作家なら、読み方を読者に任せるくらいの度量があったのかも知れん。
    それに比べてどっかの大学教授は俺が「こっきょう」と読んだくらいでギャーギャー言いやがって…ハァ

    54 名無し物書き@推敲中? :04/08/05(木) 12:42

    まずホチキスが登場する。彼は気が狂っていた。

    57 名無し物書き@推敲中? :04/08/18(水) 13:42

    >>54
    虚構船団だっけか

    58 名無し物書き@推敲中? :04/08/21(土) 11:00

    先生、わたし今日はすっかり聞いてもらうつもりで伺いましたのんですけど、

    59 名無し物書き@推敲中? :04/08/21(土) 19:38

    >>58
    あ、なんか思い出せそうだ。漱石?
    なんか姉妹とかが出てこなかった?
    谷崎か!!

    60 名無し物書き@推敲中? :04/08/21(土) 20:55

    >>59
    いい線いってる、卍です。

    66 名無し物書き@推敲中? :04/09/21(火) 22:42:24

    ハインライン『大当たりの年』
    ――はじめ、ポティファー ブリーンは、その女が服を脱ぎかけているのに気がつかなかった――

    印象的な文章でしょ。どうしたって続きを読みたくなる。
    でも、卑怯でずるい手法でもあるな。2ch語で言う「釣り」っぽい。

    67 名無し物書き@推敲中? :04/09/23(木) 00:40:58

    春が二階から落ちてきた。

    伊坂幸太郎(重力ピエロ)

    文学的な意味でないのが、好きだ。

    69 名無し物書き@推敲中? :04/12/30(木) 18:22:11

    この世で一番好きな場所は、台所だと思う。

    うろ覚え。
    吉本ばなな「キッチン」

    74 名無し物書き@推敲中? :05/02/22(火) 19:33:29

    いつの季節なのか、洋服は何を着ていたのか。

    81 名無し物書き@推敲中? :2005/03/24(木) 00:53:51

    >>74
    久美沙織「丘の上のミッキー」だな

    76 名無し物書き@推敲中? :05/02/25(金) 00:57:49

    「君はなにか殺した事があるかい?」
                      -ディーンRクーンツ

    78 :05/03/03(木) 20:38:57

    見知らぬ土地の話を聴くことが病的に好きだった。誰でもわかるか。まあな。でも、いい一行目だよ。

    80 名無し物書き@推敲中? :2005/03/24(木) 00:50:32

    雨が降り、雨が止んだ。

    ありとある小説の冒頭の中で一番好きなんだがなあ。
    誰か知ってる人いるかな。

    83 名無し物書き@推敲中? :2005/03/25(金) 00:13:25

    >>80
    阿刀田高「獅子王アレクサンドロス」?
    渋いな。 

    82 雨李 ◆DfRWmhgSjg :2005/03/24(木) 01:16:24

    「快楽の動作を続けながら形而上学について考えること、精神の機能について熱中すること、それは決して下等なたのしみではないだろう。」

    考えねーよな、普通。

    84 名無し物書き@推敲中? :2005/03/25(金) 07:44:57

    私は生前の彼女を知らない。

    ジェイムズ・エルロイ『ブラック・ダリア』より。
    知らねーのかよ!と思わず突っ込みを入れたくなる

    89 名無し物書き@推敲中? :2005/04/09(土) 14:02:09

    今は夏。彼女はそれを思い出す。

    これよりインパクトのある書き出しが思いつかない

    90 名無し物書き@推敲中? :2005/04/15(金) 01:30:50

    >>89
    なにかと思ったら「すべてがFになる」か。文庫本買ってたけどまだ未読だからわからなかった。
    ミステリ系で書き出し(・∀・)イイ!!のはすごいね。
    文藝賞のナオコーラでさえ(゚Д゚)ハァ?っていう冒頭なのに。

    99 名無し物書き@推敲中? :2005/07/18(月) 00:48:02

    私は九歳で、夏だった。

    110 名無し物書き@推敲中? :2005/07/28(木) 16:27:42

    >>99
    九歳で、夏だった
    じゃなかったっけ?

    138 名無し物書き@推敲中? :2006/04/13(木) 10:54:04

    >>99
    知ってるのに思い出せなくて悩んだが、乙一か。

    100 名無し物書き@発酵中? :2005/07/19(火) 03:50:58

    「怒りを唄え、女神よ」

    人類最古の古典のひとつ。100にふさわしいかもね。

    105 名無し物書き@推敲中? :2005/07/25(月) 09:13:09

    これはすごいって書き出し、カタログ化されたし。

    106 名無し物書き@推敲中? :2005/07/25(月) 20:48:26

    >>105
    なるほど、このスレの書き出しですな。




    | 13:26 |

    2ちゃんねる

    | copy | CM (0) TB (0) | Top▲
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック