FC2ブログ
2ちゃんねるのまとめさいと
2009年06月30日 (火) | Edit |

  • 編集元:オカルト板より

    596 本当にあった怖い名無し :2007/05/10(木) 20:25:09 ID:8NwjtEua0

    友人から聞いた話。
    親戚のおばさんなんだけど、結婚して、子供も一人生まれて幸せに暮らしてた。
    でも、ある日、仕事の帰り道に夫が事故死してしまった。
    最初は悲しんでたんだけど、彼女にはまだ幼い子供がいたので、この子のためにも頑張って生きていこうと決意したんだ。
    それからは子供のために昼夜問わず働き続けた。
    子供も母親の手伝いをよくする優しい子に成長していった。で、ある程度の年齢になってくると、母の日になるとプレゼントを渡すようになった。
    子供の時は、当日に渡してたんだけど、中学生ぐらいになると、日付が変わった時に渡すようになっていた。
    彼女もそれが嬉しくて、母の日だけは早く帰るようにしていたんだ。
    でも、子供が大学二年の頃、事故死してしまった。
    学校に行く最中に車に轢かれたとの事だった。
    それからという物、彼女は完全に塞いでしまって家に引き篭ってしまった。
    息子が死んでからしばらくしたある日。
    その日もイスに座ったまま、息子の写真を見ていたら、目の前に誰かがいる気がした。
    彼女が前を向くと、そこには息子がいた。全体的に透明で悲しそうな顔をしてこちらを見てたそうだ。
    「ああ、迎えにきたのかな」って母親は思ったんだけど、息子は口を一生懸命に動かしてたんだ。
    最初はなんだろうと思ってたんだけど、口の動きを見てる内に何を言っているのか、解った。
    「病院?」不意に言葉にして言うと息子は安心したように笑って消えて行った。
    息子の言葉が気になった母親が翌朝、病院にいったら、初期の癌が見つかったんだって。
    それは今手術したらまったく問題の無い物だけど、あと、数ヶ月見つけるのが遅れてたら取り返しのつかない物になってたらしい。
    彼女は手術も無事成功し、今は元気に生活している。
    ちなみに息子は現れたのが日付が変わって母の日になった時らしい。




  • | 11:27 |

    2ちゃんねる

    | 不思議 | CM (0) TB (0) | Top▲
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック