FC2ブログ
2ちゃんねるのまとめさいと
2009年06月27日 (土) | Edit |

  • 編集元:オカルト板より

    936 本当にあった怖い名無し :2007/06/07(木) 17:18:08 ID:OiEvaw5t0

    2人の精子が、いつ終るかも分からない旅をしていた。

    彼らは泳いで、泳いで、泳ぎまくったが目的地を見つけられないでいた。
    さらに泳ぎ続けた2人は、最終的に瀕死の状態の仲間に出会った。
    彼らは泳ぐのをやめて、彼に向かって尋ねた。
    「や、やっと仲間に会えた。」
    「なー、知っていたら教えてくれ。」
    「俺らは、輸卵管を目指して旅をしてるんだが…」
    「ほんとに、この道をまっすぐ行って間違いないんだよな?」
    すると、瀕死の彼は大きな声で笑い出した。不審に思った2人は、困惑しながら彼に尋ねた。
    「なあ、なんであんた、そんなに笑ってるんだい?」
    「そりゃ、あんた達失敗したな。ゴールはとんでもなく遠いぞ。」
    「どうして。」
    瀕死の彼は、2人の肩を叩きながら返答した。

    「だって、ここ、食道だもん。」

    940 本当にあった怖い名無し :2007/06/07(木) 18:41:20 ID:7yGC4/Js0

    >>936
    よかった、ティッシュの中じゃなくて本当によかった。 (´Д⊂グスン

    943 本当にあった怖い名無し :2007/06/07(木) 20:37:18 ID:uUk7UlgIO

    >>936俺は糞穴かとおもた。しかし、まぁなんだな。

    数千数万の戦士が無駄死にしたわけだよな。悔しがったろうに…
    悲しかったろうに…

    945 本当にあった怖い名無し :2007/06/07(木) 20:50:55 ID:RHXQKY7SO

    >>943
    そこから入ったから食堂にたどり着いたのよ、坊や
    来た道を戻っても、どんなにさまよってもゴールはないの

    彼らは入り口を間違えたのよ、もっとお勉強しなさいね




  • | 05:26 |

    2ちゃんねる

    | ネタ | CM (0) TB (0) | Top▲
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック