FC2ブログ
2ちゃんねるのまとめさいと
2009年06月02日 (火) | Edit |

  • 編集元:オカルト板より

    817 本当にあった怖い名無し :2007/06/05(火) 23:48:41 ID:lBuN5Mv90

    前に務めていた職場には猫がたくさんいて、猫嫌いだった私は最初は正直怖かった。
    で、新しい子ネコが生まれて、その中にいたトラ柄の猫が病気になって、なんかすごく
    必死になって看病して、それからその子は私にとても懐くようになった。
    名前は安直だけど「トラ」と名づけていて、私の傍にいつもいてくれた。
    その頃には、私はもう猫嫌いではなく、猫が大好きになっていた。
    それから数年後、友人とハワイ旅行に行く事になって、一週間休みをもらった。
    出発の前の日、トラに「来週までいいこにしててね」と言うと、私の仕事用の
    椅子にちょこんと座って「にゃあ」と鳴いた。
    そして、戻ってきたとき、トラの姿はなかった。

    818 本当にあった怖い名無し :2007/06/05(火) 23:59:06 ID:lBuN5Mv90

    聞けば、私の出発した夜から姿が見えなくなったという。
    必死で探し回って、やっと見つけたのは夕方になってから。
    ぐったりとして倒れていた。
    様子が余りに変なので、すぐ病院に連れて行くと、感染症でもう駄目だと言われた。
    今夜辺りが限界だろう、と。
    私は大泣きしてしまったけど、どうしても諦められなくて、それから仕事が終わっても
    毎日ギリギリまで一緒にいた。
    トラは弱ってはいたけど、その日死ぬことはなかった。
    そして一週間後、帰ろうとしたら、トラが私の服に噛み付いて引き止めた。
    もうそんな力も残ってないはずなのに。
    帰らないで、と言っているようで私はその日トラを家に連れて帰った。
    そして、日付が変わってしばらくした頃、トラは私の膝の上に上ってきて、
    そこで静かに息を引き取った。

    旅行に出かけた期間が一週間。
    きっとトラは、私が旅行に行かなければ一緒に過ごせたはずの一週間を、
    頑張ってくれたのだと思う。
    お医者さんも驚いていた。
    絶対に一日ももたない症状だったのに、と。
    そしてトラが死んだ後、トラを埋めた山のその場所は、春にいつも綺麗な花を
    咲かせていると聞いてます。
    今は地元から遠く離れた場所にいるけど、今もトラは私を守ってくれている
    ような気がする。




  • 2 名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 01:34:25 ID:ylfLjiL2

    カンヌのことはよく知らんのだけど、招待って勝手に向こうから招待してくれるの?
    つまり、松本側から売り込みは全くなかったの?とりあえずそこだけ知りたい。

    5 名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 02:17:43 ID:ECxglsNy

    >>2
    カンヌが日本の天才松本が初監督ってことを聞きつけてオファーだしたんだよ
    松本は最後まで行きたくないと言ったんだけどどうしてもってことで行っただけ

    16 名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 04:23:57 ID:Izs+2OaQ

    >>5
    正直なところそれは考えにくい。
    というか、よほどの巨匠でない限りありえないこと。
    松本の意志を聞かずに、吉本が売り込んだだけだよ。
    ただし、数ある売り込みの中から招待作品に選ばれただけでも評価してよい。
    たとえスクリーニングの評価が最低だったとしてもね。

    20 名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 07:26:43 ID:161g2B3X

    >>16
    週刊新潮5月31日号に、松竹の談話で「うちの国際部が猛烈にアピールした結果です」と書いてあったよ。
    アピール時には未完成の映像とプロフィールしかなかった時期のことだから、潜在的にたけしの影響はでかかったと言っていいんじゃないかな。

    6 名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 02:22:39 ID:ND2a0T2R

    カンヌでの反応はどうだったの?

    7 名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 02:30:53 ID:ECxglsNy

    絶賛されたよ
    カンヌに同行した人がブログで書いてた

    11 名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 02:45:02 ID:51HbSNLV

    >>7
    同行したんならどっちみち、良く書くに決まってるよね

    8 黒川紀章 :2007/06/01(金) 02:32:46 ID:uSyVFl6R

    馬鹿を最大限に表現するのもお笑い会の神様だからこそできるんですよ!
    素晴らしいとしかいいようがない!!!

    9 名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 02:40:50 ID:6JCjTW+y

    客の事、奴ってなんだよ。受けなかったら客や評論家をバカ扱いかよ。

    10 名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 02:43:19 ID:ECxglsNy

    馬鹿に馬鹿と言うのはある意味優しさですよ

    26 名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 08:54:23 ID:53D/3xC3

    「大日本人」の色彩、撮影技術、その他のセンスは素晴らしい。
    でも、巨大化ネタっていうのが、どーにも今時かっこ悪いんだよな。

    27 名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 09:22:24 ID:hZWn/Cfa

    今から見ます東劇です

    有名人も普通に並んでます

    32 名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 12:32:35 ID:NIRd/M2W

    松本のケチが10億も金を出すわけがない。吉本もどぶに捨てたな。芸人から搾り取った金だが。

    34 名無シネマ@上映中 :2007/06/03(日) 00:44:08 ID:7CZfXifW

    >>32
    吉本は映画界に進出するための最初の投資、市場開拓の意味だから、たいして打撃はない。この後、大作を用意してるはず

    33 名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 14:04:29 ID:vsbhc5X+

    吉本の力の入れようは珍しく凄いな
    日テレだけでも何回特集してんだよってくらいだし、フジ他の局でもかなりの露出量
    それ以外のメディアでもありとあらゆるトコに宣伝しまくってる

    48 名無シネマ@上映中 :2007/06/03(日) 13:11:42 ID:/CvfuA0+

    あまりに情報が少なく、評判も錯綜してるので、つい見てしまいました。トンデモ
    アホ映画の誕生かと思いましたが、結論から言うと、これは予想外の傑作です。
    というか、1作目としてはあまりに計算・完成されすぎていて、強力なスタッフの
    力も大きいんじゃないかと思いました。とにかくカメラアングル、カット割りなど相
    当なものです。CGも邦画としてはトップレベルでしょう。音響もすごい。ギャグも
    シュール・独善的にすぎることもなく、GOODです。観客の反応。最初は?
    ??という感じ。徐々に笑いが起こり、例の獣漫才のあたりから、爆笑、映画
    も加速度を上げて、そして例のラストの決戦(笑)はものすごく好きでツボにはま
    りました。このラストがなかったらこんなにいい点数はつけなかったかも。 DVDで
    はラストの戦いのCGバージョンもおまけにつけてくれないもんか。外人には松本
    のギャグや関西漫才の独特の間合いやおかしさのニュアンスは字幕では絶対わ
    からないでしょう。カンヌでは殯の森が賞をとったらしいですが、(BSですでに観ま
    した)私は完成度、面白さから、こっちを断然推します。ただおもしろいだけでな
    く、痛烈な風刺や皮肉もあります。松本を見直しました。

    50 名無シネマ@上映中 :2007/06/03(日) 13:21:11 ID:Du2dCkDn

    >>48
    外国人にはわからない、のは間違いないね。
    なんなら 特撮もの、をよく知らない日本の女性にもわからないかも、
    タックルで片脚を取りにいって、カウンターの膝蹴り、
    ってのがわかる人は 相当限定されると思うね。あれで血がでれば完璧だが。

    51 名無シネマ@上映中 :2007/06/03(日) 13:23:47 ID:geE4NIz0

    吉本が自腹で制作費10億出すとか(宣伝費含めるとどんだけ~)甘やかしすぎなんだよ
    結局子飼いの売り出しに過ぎないタレント映画の典型的駄作

    52 名無シネマ@上映中 :2007/06/03(日) 13:26:00 ID:6pqS7Dh6

    >>51
    まあ吉本は松本のおかげで相当潤ってるから
    10億ぐらい出してくれるだろ

    55 名無シネマ@上映中 :2007/06/03(日) 13:34:12 ID:wSItHmR8

    結論としてこれ見に行った方がいい?
    面白い?金損しない?

    62 名無シネマ@上映中 :2007/06/03(日) 14:10:26 ID:DLK03laR

    おもろかった
    こんなのカンヌでうける訳ねーだろと思った

    63 名無シネマ@上映中 :2007/06/03(日) 14:24:51 ID:MAlE+Tm+

    >>1
    >一部のフランスのアホな辛口評論家が俺を批判したがこれは日本人用に作っとんねん。腹立ってくる。

    松っちゃん、これは言っちゃダメ。
    韓国の怪獣映画作った監督と同じになっちゃうぞ。
    子供じゃないんだからさ。

    64 名無シネマ@上映中 :2007/06/03(日) 17:46:19 ID:RXAE7Lit

    ビデオ見たけど別にマッちゃんはおかしい事は言ってないな。
    日本語や文化を理解している事が前提じゃないと
    楽しめない部分が多いし、わざとそーいう風に作ってあるのに
    それを踏まえていないアホ外人が文句をたレるのは間違いだろうと思った。

    ただ、外人に見せる場合はそー言う映画であることを予め伝える必要はある。
    字幕じゃ本来面白い部分が損なわれるところもあるわけだし

    67 名無シネマ@上映中 :2007/06/03(日) 18:05:20 ID:Y0L5xLTI

    >>64
    一部の松本信者は
    「外国の笑いはレベルが低い。だって海外映画を見てもあの程度だし・・」と
    さも分かったような事を言って
    「だから松本の笑いは高レベル!」って事になってるが
    海外コメディも、言葉は字幕で見てるだけ
    その国の社会風土も分からずに「レベル低い」と断定するのは
    何も分かってない証拠、というのと一緒だな。

    65 名無シネマ@上映中 :2007/06/03(日) 17:48:29 ID:R1V/SfBw

    テレビのスペシャルかなんかの2時間番組でやるべきコントを
    金かけてわざわざ映画でやったって感じだった。

    嫌いじゃないけどわざわざ1800円で観るものではない気がした。
    レンタルで十分じゃねーの?

    68 名無シネマ@上映中 :2007/06/03(日) 18:20:40 ID:VbSjJVkO

    俺は松ちゃんの笑い、割と好きなほうだが、これはいかがなものかと思うよ。

    ウディアレンは映画はスポーツじゃないんだから競争はおかしい、と言って映画祭コンペに出品は拒否している。出したらとれそうな作品も結構作ってるのに。
    アカデミー賞は出品じゃないから「アニーホール」で授賞されてるが、会場には出ていない。
    ウディアレンの態度には一貫性がある。

    69 名無シネマ@上映中 :2007/06/03(日) 18:35:11 ID:6WBmr4zd

    >>68
    そこはそれ。
    本当の天才と天才気取りの俗物を一緒にしちゃあいけない。

    73 名無シネマ@上映中 :2007/06/03(日) 20:03:23 ID:TkAeuawe

    そもそも「大佐藤」からして既に外国人には理解出来ないわな。

    74 名無シネマ@上映中 :2007/06/03(日) 20:27:47 ID:vY5djxWl

    談志はなんて言うかな。また見事なイリュージョンって言うの?

    76 名無シネマ@上映中 :2007/06/03(日) 20:40:08 ID:nOodARtS

    日本人向けというか
    松本向けだな
    自腹で作って仲間内で観てる分には差し支えないが
    公開して金とるものじゃないな

    82 名無シネマ@上映中 :2007/06/04(月) 01:56:53 ID:q0w5PMeH

    「大日本人はあくまでも日本人向けに作ったもの」
    じゃなくて
    「大日本人はあくまでも、かつての「ごっつファン(というか全盛期のDTの輝きを忘れられない人たち)」
    の為に作ったもの」
    でしょ?
    ノリや意匠は、かつて「ごっつ」でやった「とかげのオッサン」の焼き直し。
    それを目当てに来る人たちが大満足して「やっぱ、松本は凄え!」って云ってくれるのも計算済み。
    DTヲタ以外の評価は当然無視、ってかハナから期待していない。
    笑いの才能にかげりが見えてきた松本の「再生&神格化プロジェクト」。
    けど、仮にも「映画作品」なんで、TVコントやオリジナル・ビデオの時みたく
    「これが解らないヤツはセンスがない」って突っぱねる事が出来るんだろうか?

    83 名無シネマ@上映中 :2007/06/04(月) 02:09:57 ID:l6q093hN

    アンチ云々じゃなくて松本自身がすべったことを認めてるんだよね


    松本人志の放送室 6月2日オンエア 収録日(05月24日)

    松本

    僕は銀座で舞台挨拶します。それで一応客の反応見ようかなと
    それで「上映終わってからも舞台挨拶にでますか」と言われたんですよ
    まぁそれは客の反応次第やなぁ ウケてたら出ますって言っておきました 
    これオンエアの頃には答え出てますけど 僕は出てるんでしょうかねぇ

    高須 笑 いやぁー出てるでしょそりゃ 井筒さんは出たみたいやねぇ


    結果

    松本 上映後客前に挨拶に出てこず敵前逃亡

    116 名無シネマ@上映中 :2007/06/05(火) 01:04:28 ID:eAUlmWQc

    テレビこそ大衆がみるものなのに
    テレビは無料だから何やってもいい
    映画は金払うから最低映画になってないとダメ
    観客が楽しめるものじゃないとダメ
    好きなことやってはいけない

    これは全く分からんわ
    こういう固定観念が映画をクソつまらなくしてる
    現状をわかっていってんのか、映画を逸脱している
    ということを誉めるやつが誰もいないのが終わってるな

    122 名無シネマ@上映中 :2007/06/05(火) 01:54:37 ID:Rbq8I6YZ

    この映画は大衆向きじゃないのは分かるが、受けてないわけじゃないだろ
    つまんないというより、あれは何だったんだ?ってのが多かった気がする
    もう一度映画館には行かないかも知れんが、DVDは買うだろうよ

    123 名無シネマ@上映中 :2007/06/05(火) 06:52:54 ID:yq/fzSn+

    客の反応からして、リピーターや口コミでの盛況は全く期待できないだろ
    DVDは未見の人と熱狂的信者以外は買わんだろうな

    223 名無シネマ@上映中 :2007/06/06(水) 10:49:33 ID:55FqD+td

    この作品は「お笑い」を期待していくと肩透かしに終わり、駄作と思える。
    が、日本人論としてみると案外じわじわ良さがわかってくる。
    過去隆盛を極めた業界の後継ぎとして運命を背負い、
    しかし時代の流れ、メディアの視聴率主義の中で取り残され、自分の存在意義を現代批判(ゲーム世代への)
    でかろうじて見出しながら、部屋のガラスを何度割られようが慎ましく生活している。

    無常にも理解者は少なく、給料50万でもっともらえればそれはもちろんうれしい、と言っているが、
    実際はもっともらっているのに、近い存在のマネージャー(UA)にピンハネされている状態。
    最後にはインタビュアーと結託して視聴率のために大佐藤を無理やり変身させる(しかし神主は呼んであるところがじわっと笑える)。

    伝統的に尊敬される立場であれど、自分はいち小市民であり、ホステスと不倫?もすれば子供に会うのにうきうきしてしまう。
    酔っ払うとつい隠している本音(自分の仕事はすごいことなんだよという思い)が「大日本人だよ」と口を突く。 
    全体的に哀愁のある興味深い映画だと思った。

     ラストのチープな政治批評はつまらんし、全体として1回で気づかないことも多く、
    一般受けなどするわけないと思う。電気を浴びているせいか 部屋にエレガードがあったりと
    ニヤっとする小ネタも幾つかあり、松ちゃんらしい作品なのは間違いない。






    | 18:29 |

    2ちゃんねる

    | ぬこ | CM (0) TB (0) | Top▲
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック