FC2ブログ
2ちゃんねるのまとめさいと
2009年07月27日 (月) | Edit |
  • 編集元:科学ニュース+板より「【神経科学】勃起・射精の専用神経回路を発見

    1 プリオンφ ★ :2008/05/19(月) 10:13:45 ID:???

    哺乳(ほにゅう)類のオスはペニスを勃起(ぼっき)させて射精するために、脊髄(せきずい)に専用の神経回路を発達させていることを、京都府立医科大学の坂本浩隆助教(神経解剖学)らが発見した。この神経細胞は、特殊なホルモンを作り出していることもわかり、勃起不全などの原因を探るかぎとなりそうだ。米科学誌ネイチャーニューロサイエンス(電子版)に19日、掲載した。

    坂本さんらは、神経細胞が出すガストリン放出ペプチド(GRP)というホルモンとしても働く物質に注目。ラットを使い、下半身の運動や感覚をつかさどる腰付近の脊髄を輪切りにしてGRPがあるかどうか、染色で確かめた。するとオスだけに、よく染まる神経細胞があり、神経の先端が勃起や射精を起こす自律神経につながっていた。一方で、オスの生殖器が萎縮(いしゅく)したラットには、GRPを持つ神経は発見できなかった。GRPの放出を薬などを使って調節する実験では、勃起と射精は対応して増減した。

    哺乳類のオスの生殖行動は、脳からの興奮と同時に、脊髄での反射も重要な役割をしているとみられる。今回の成果は、反射と勃起のメカニズムの基礎的な関係を解明するもので、坂本さんは「勃起不全の治療に結びつく可能性がある」と話している。

    ソース:朝日新聞
    http://www.asahi.com/science/update/0519/OSK200805180049.html

    論文概要:Nature Neurosci.
    http://www.nature.com/neuro/journal/vaop/ncurrent/abs/nn.2126.html

  • スポンサーサイト




    [READ MORE...]
    | 23:26 |

    2ちゃんねる

    | 性活全般 | CM (0) TB (0) | Top▲