FC2ブログ
2ちゃんねるのまとめさいと
2007年07月28日 (土) | Edit |

  • 編集元:オカルト板より

    492 本当にあった怖い名無し :2006/08/25(金) 15:18:16 ID:WylZAtEj0

    3日前の話。
    俺の家族構成は、父、母、弟の4人家族。
    両親は朝から仕事に出かけ、高校生の弟は夏休みだが
    補習の為に毎日のように朝から学校に通っていました。
    で、俺はちょっと遅めの10時からバイトなんで、朝家を出るのは俺が一番最後。

    俺はいつものように家族よりも遅く起床し、
    母が仕事に出る頃にゆっくりとメシを食っていました。父と弟はすでに出ています。
    俺は母が出かけてから、メシの後の皿を片付け、のんびりと歯を磨いて顔を洗いました。
    家の中には俺一人です。

    バイトの時間が迫り、服を着替えて家を出ました。
    俺が最後に家を出る事になるので、玄関のドアを閉めて、鍵をかけようと
    鍵穴に鍵を挿した、ちょうどその時。
    玄関の前の廊下を「ドタドタドタドタ」と端から端まで走る音が聞こえました。
    足音の大きさから言って、たぶん大人が廊下を走った音だと思います。
    「え?」と一瞬わけがわかりませんでしたが、家の中には誰もいなかったはず。
    すぐにその音の主が異様の者であると悟りました。
    もしかしたら泥棒かも知れませんが、怖くてドアを開けることはできませんでした。
    慌てて玄関に鍵をかけ、すぐに原付を飛ばして逃げました。

    バイトが終わって家に帰った時、家を詳しく見て回りましたが、
    何も盗られたようなものは無かったから、きっとあれは泥棒ではなかったと思います。

    俺の体験はそれだけですが、今朝も全く同じ現象が起こった。
    とりあえず今日も逃げたけど、俺は彼をランニングマンと名づけましたw


  • スポンサーサイト





    | 04:45 |

    2ちゃんねる

    | 2ちゃんねる | CM (0) TB (0) | Top▲