2ちゃんねるのまとめさいと
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| --:-- |

2ちゃんねる

| スポンサー広告 | | Top▲
2009年06月12日 (金) | Edit |

  • 編集元:ガイドライン板より

    528 恋人は名無しさん :2007/02/21(水) 20:03:43 ID:KhX0rQpL0

    元彼が裸族だった。

    冬は暖房+灯油ストーブをつけ、こたつで亀になってた。
    夏は裸のままベランダに出ようとして、羽交い締めにして止めた。
    それだけならまだ良いが、いつの間にか私の家に住み着いて、いつの間にか
    自分の家を引き払っての無理矢理同棲。裸の習性のため、冬は光熱費がかかってしょうがない。
    何度言っても服を着ようとせず、逆に私にも裸を進めてきたり。
    こたつでうたた寝し、起きたら寝ぼけながら朝勃ち状態で、何かのついでのようなノリで
    私に襲いかかってくる。
    そういう状況なので、部屋中陰毛だらけだ。いや、陰毛の機動力はすさまじく、
    いたるところに陰毛が忍んでいる。
    お弁当の卵焼きの中に入っていたとき、一瞬心中を考えた。

    そんなこと続いてなお、私は惰性で別れることができないでいた。
    しかしある日、元彼がプレステでゲームをしていたとき(もちろん裸で)、
    ふとコントローラーを自分の股間に置いた。私のプレステのコントローラーを。股間に。
    その瞬間、何かがぶち切れた。
    「てめー私のプレステを汚したな!!」とかなんとか言いながら、裸のまま部屋から追い出した。
    その時、「俺のちんこはダブで洗っているから大丈夫!」と言い訳したのもむかついて、
    そのまま締め出し。もちろんドアをがんがんしばらく叩かれていたが、やがて音はやみ、
    すすり泣くような声。
    そっとのぞき穴から外を見ると、体育座り(裸)をしてめそめそ泣いている元彼の姿が。

    その瞬間、このヒトとは無理だと悟りました。

    535 528:2007/02/21(水) 21:24:29 ID:KhX0rQpL0

    ほんと慣れって言うのは恐ろしくて、そんな生活が続くと元彼が裸であるということが
    当たり前になっていってこわかったよ。

    いつだったか、喧嘩になったとき、「なによこの裸(ら)!あんたなんてラ・太郎(彼の名前。仮名)だよ!」
    と言ったら、それ以来「ラ・○○」というフレーズを気に入ったらしく、自分のちんこに「ラ・チンコ」という
    名前をつけて飼い(?)始めた。
    あまりにもかわいがるものだから、彼もラ・チンコ経由なら私の言うことを聞いてくれるかもしれないと思い、
    「最近は犬だって服を着る時代なんだから、ラ・チンコにも服を着させてあげたらどう?」と言うと
    「それもそうだな」と納得して、ティッシュを一枚ふわさと股間にかけた。

    その瞬間も、このヒトは無理だと悟ったなあ、そう言えば……


  • スポンサーサイト

    [READ MORE...]
    | 10:13 |

    2ちゃんねる

    | 裸族 | CM (0) TB (0) | Top▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。