2ちゃんねるのまとめさいと
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| --:-- |

2ちゃんねる

| スポンサー広告 | | Top▲
2009年09月11日 (金) | Edit |
  • 編集元:既婚男性板より

    440 名無しさん@お腹いっぱい。 :2008/09/19(金) 19:50:28

    シカゴの著名な裁判官グッドノー氏は、家庭に関わる裁判の経験から
    「十中八、九は、子供の助けを借りると男の後悔ややる気が動くものだよ。」
    と言うことがよくありました。

    裁判官の前には、屈強な、骨太の赤毛のトラックドライバーが起立して
    いました。彼は妻と子供の扶養義務を放棄した罪で訴えられていたのです。
    彼は妻の涙ながらの訴えにも裁判官の叱責にも動じる様子もなく
    かたくなに突っ立っていました。すると、突然グッドノー裁判官は、
    ソロモン王のように心を決めて、男に向かって言ったのです。
    「その赤ん坊を受け取りなさい。母親には重過ぎるから。」
    父親は振り向いて赤ん坊を受け取りました。
    赤ん坊は父親の視線に喜びキャキャと声を上げ、足をばたばたさせました。
    やがて父親の腕の中で安心しきったように静かに抱かれていました。
    それから赤ちゃんの小さな手は、父親の頬を叩いたりして、赤ちゃんらしい
    声を盛んに上げていました。すると突然父親は崩れたのです。彼の中の
    ツッパリが取れたのです。
    彼は涙声で喋り出しました。
    「裁判官、もう一度この赤ん坊のところに私が戻れるようにしてください。
    神に誓って、私はやらなければならないことをやります。」
    そして記録によれば、その後、かれはその言葉どおり実行したということです。


  • スポンサーサイト


    | 02:26 |

    2ちゃんねる

    | 子供時代 | CM (0) TB (0) | Top▲
    2009年08月14日 (金) | Edit |
  • 編集元:少年犯罪板より「完全な人間にするには少年期にどう教育をればいい?

    1 少年法により名無し :2007/06/18(月) 00:58:08 0

    おしえて

    3 少年法により名無し :2007/06/18(月) 01:39:06 O

    >>親ですか?

    4 少年法により名無し :2007/06/18(月) 01:51:14 0

    OYADESU

    5 少年法により名無し :2007/06/18(月) 02:25:25 O

    >>1
    あなたが立派な大人になればいい
    子供はそれを真似るだけだ
    子は親の鏡
    子供が悪いならあんたが悪い


  • [READ MORE...]
    | 04:26 |

    2ちゃんねる

    | 子供時代 | CM (3) TB (0) | Top▲
    2009年07月23日 (木) | Edit |
  • 編集元:育児板より「虐待について真面目に考えるPART18

    9 名無しの心子知らず :2007/11/20(火) 15:52:07 ID:YNQvqVoO

    虐待の通報って匿名で出来ますか?壁か床を叩くようなすごく大きな音と赤ちゃんの泣き声がずっと
    続いて気になるお宅があるのですが…万が一頭おかしい人で、仕返しされると
    怖いので知られたくないのです。詳しく通報の仕方わかる人いたら教えてください。

    130 名無しの心子知らず :2008/02/08(金) 19:13:49 ID:SiV6A97V

    >>9
    虐待と思われる児童を発見した場合、国民には通報する義務があります。
    警察または児童相談所に通報して下さい。
    あなたの情報は守秘義務があり、漏れることはありません。
    子どもは自分で助けを求めることが出来ません。
    通報は『もしかしたら虐待…?』で構いません。
    あなた方の小さな勇気が必要です。
    よろしくお願いします。

    10 名無しの心子知らず :2007/11/20(火) 16:16:08 ID:U4ua+RgZ

    児相に匿名で依頼したらどうか?
    言われなくても通報者の名前なんか明かさないと思うけれどね。

    11 名無しの心子知らず :2007/11/23(金) 11:26:26 ID:VNJwErXC

    もう辛くてどうしようもありません。
    サークルに放置してもう40分くらいギャン泣きしてるけど
    抱っこもしたくないし、勝手に泣いてればって思います。

    12 名無しの心子知らず :2007/11/23(金) 11:29:32 ID:VNJwErXC

    夫は何が辛いのかわかってくれません。
    邪魔されて家事ができないならサークルに入れて泣かせとけというので
    やってやりました。
    会社に泣き声を聞かせる電話を何回もしてやります。
    同じだけ苦しめてやります。

    4 名無しの心子知らず :2007/11/09(金) 20:27:35 ID:iWzyTHoo

    虐待されてるとまでは思わないけど適当なスレが見当たらなかったのでお邪魔します

    学生時代バイトが一緒だった人にばったり再会、4歳の子の母になってた。
    10分程立ち話、その間に子供は一言も話さず我が子は馴れ馴れしくチョロチョロしてた
    帰ろうとしたらその子供が私の指を掴んでいて離さない。
    指が赤くなるほどギュッと掴んでいて暫く離さなかったので気になってしまいました。
    考えすぎかな?

    7 名無しの心子知らず :2007/11/09(金) 22:18:10 ID:6jmUgm/c

    >>4
    子供に影があると心配になるよね。
    ただ、特に問題無くても一時的に落ち着き無くなったり変な行動する子もいるんだよね。
    私の知人で虐待してた人がいたんだけど、その子は保育園児の頃、
    よく私と私の子のやり取りをじーーー…と見てたな。珍しいものを見るように。
    そして母親がいない時に、いきなり割り込んできてうちの子の尻を
    渾身の力でつねって来たりした。
    母親が虐待してる場合、母親が見てる時はおとなしい事が多いかも。
    必ずじゃないけど。


  • [READ MORE...]
    | 01:26 |

    2ちゃんねる

    | 子供時代 | CM (0) TB (0) | Top▲
    2009年07月05日 (日) | Edit |
  • 編集元:育児板より「お前ら自分の命と子供の命どっちが大事?

    1 名無しの心子知らず :2007/06/24(日) 14:24:56 ID:lxPZrcV0

    子供のために命捨てられる?


  • [READ MORE...]
    | 05:25 |

    2ちゃんねる

    | 子供時代 | CM (0) TB (0) | Top▲
    2009年05月30日 (土) | Edit |

  • 編集元:セピア板より

    598 大人になった名無しさん :2006/11/20(月) 17:42:23

    誰もが一度は耳にしたことがあるだろう童謡の1つに、「あめふり」ってのがある。
    僕は子供時代、その歌が嫌いで嫌いでたまらなかった。

    小学校にあがる少し前、母は僕の入学式に出席することができないままこの世を去った。
    車での買い物の帰り道、大型ダンプと正面衝突をして、ダンプの運転手ともども即死だった。
    覚えているのは人の大きさをした大きな布の膨らみと、
    それにすがりつきながら「痛かったろう、痛かったろう」と大声で泣き喚く父の後ろ姿だけ。

    あめあめ ふれふれ かあさんが じゃのめで おむかい うれしいな
    ピッチピッチ チャップチャップ ランランラン

    ちょうど事故で母が死んだ日も、路面が滑りやすい雨の日だった。
    この歌が雨の日の給食時間に放送で流れると
    保育園に迎えに来てくれた優しい母の顔を思い出し、僕は耳をふさいだ。

    その日もそんな雨の日で、ごたぶんに漏れず給食時間の放送からはあの歌が流れていたと思う。
    朝の天気予報では晴れマークが出ていたので、傘を持ってくるのを忘れた僕は、
    下校のときのことを想像するたび憂鬱な気分になっていた。

    母の件のせいにするつもりは毛頭ないけれど、その頃の僕はおせじにも可愛い子供ではなかった。
    当然友達なんかいないから傘に入れてくる人なんかいるはずないし、
    父は仕事で今日も遅いから、まさか僕の傘のために仕事を抜け出して迎えに来てくれるはずもない。
    むしろ当時の僕は本当に可愛くなくって、「もし父がそんな風に迎えに来てくれたとしたら、一体どんな顔をしたらいいんだろう」
    なんていう風に、子供らしくないネガティブな悩みかたをしていたのを覚えている。

    でもそんな悩みなんかもとから不必要で、結局父が迎えに来てくれることはなかった。
    当然だ。片親で子供一人を学校に通わせるのは今思えば楽なことではない。
    大工であった父はその日も屋根の上で雨に濡れながら家族のために必死に働いていたんだろう。
    どんどん強まっていく雨足と、ぽつりぽつりとクラスメイトが減っていった薄暗い教室は、今思い出しても寂しい気分になる。
    一度寂しいと思うと、その寂しさはどんどん膨らんでいくもので、そんな時に母の顔を思い出してしまった僕はもうどうしようもなかった。

    もしお母さんがいてくれて、傘をさして迎えにきてくれたら、この雨もどんなに楽しいだろう。
    そう考えたとたん、涙がぽろぽろこぼれてきて、僕はまだクラスメイトもちらほら残っている放課後の教室で泣き出してしまった。
    それに気づいたクラスメイト達も何事だとこっちをうかがいはするが、もちろんなぐさめてはくれない。
    やりきれなさと寂しさで胸がいっぱいになっていたところへ、担任の先生が声をかけてくれた。

    当時僕の担任の先生というのは結構なお年の女性の方で、杉本先生といった。
    ぽっちゃりした体型と人懐っこい笑顔に派手めな眼鏡で、生徒からはおばあちゃん先生なんて呼ばれていたけど、
    本人はむしろその呼び方に愛着を感じているらしく、微笑みながら応対していたように思う。

    どしゃ降りの雨がふる教室のなかで、小学校2年生の子供が泣きじゃくりながら事情を説明する言葉なんて、一体どれだけ聞き取れただろうか。
    先生は膝をおって同じ高さまで顔をもってくると、僕の背中を優しくさすりながら「そうね、そうね」と独特の九州なまりであいづちを打ってくれていた。

    僕がやっと泣き止むと、杉本先生は僕に「そんなら先生と一緒に帰ろうか」というと、やっぱり派手めな赤いチェックのはいった小さな傘を差し出した。
    途中杉本先生の家にあがらせてもらい、色んな話をした。「今度から雨の日は先生と一緒に帰ろう」と言ってくれたのが、僕は嬉しくてたまらなかった。
    なんだかんだで恥ずかしさも伴い、一緒に下校したのはそれっきりだったけど、僕はそれからは雨がそれほど嫌ではなくなっていた。

    杉本先生、お元気にしてらっしゃいますか?
    僕は今年、夢だった教師になることが出来ました。
    先生のことを思い出したのも何かあるのかも知れない、なんていう言い訳を抱えて
    実家に帰省した折にはご挨拶に伺わせて頂きたいと思っています。




  • [READ MORE...]
    | 17:29 |

    2ちゃんねる

    | 子供時代 | CM (0) TB (0) | Top▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。